News

東京メトロと共同で、デプスカメラとAIを用いた混雑計測システムの特許を出願いたしました。

2021.03.01

 

デプスカメラと人工知能(AI)を用いた鉄道業界初となる
列車混雑計測システムの共同特許を東京メトロと出願
〜2021年中に全線の列車混雑状況をリアルタイム提供へ〜

 

画像処理や人工知能アルゴリズムを開発する株式会社サイバーコア(本社:岩手県盛岡市、代表取締役社長:阿部英志)と東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村明義、以下「東京メトロ」)は、2021年2月24日、デプスカメラと人工知能(AI)を用いた列車混雑計測システムについて共同特許の出願を行いました。

 

■2021年度中には列車混雑状況をリアルタイムに計測、提供へ

 

東京メトロはこれまで、車重や改札利用者数から時間帯ごとの混雑状況を推定し提供してきましたが、複数路線で相互直通運転を行っている同社線では、他社車両の車重の取得や号車ごとにリアルタイムで混雑状況を提供することは難しい状況でした。今回共同特許を出願したシステムは、2019年度より東西線東陽町駅、2020年度より丸ノ内線新宿駅において、列車の駅出発時に車両側面をデプスカメラで撮影し、列車混雑状況を人工知能(AI)に機械学習させることで、号車ごとの列車混雑状況をリアルタイムに計測する実証実験を行ってきました。

 

この度、その技術検証が完了したことから、列車混雑計測システムを東京メトロ全線の複数駅(各路線各方面ごとに数箇所)に展開し、2021年度中を目途に時々刻々と変化する全線の列車混雑状況をリアルタイムにお客様に提供することを目指しています。

 

サイバーコアは、今後も「画像」と「人工知能」をかけ合わせた高度かつ堅実なソリューションを提供してまいります。

 

なお、本システムは、上野グリーンソリューションズ株式会社(本社:神奈川県横浜市)およびエスキューブライフ株式会社(本社:東京都港区)の協力を得て設置・施工を行っております。

 

本件については、本日付け東京メトロのプレスリリースもご確認ください。
https://www.tokyometro.jp/news/2021/index.html

 

以上